壁、床、天井

“防水屋の考える内装工事”

城建では内装の工事も行っています。

ふと天井を見ると雨染みが・・・・・・。
早く補修したい!と思うはず。
そもそも天井や壁に雨染みができるという事は、お住まいのどこかで雨漏りが起きていることが分かりますよね?

屋根・外壁塗装を行ったのに、築年数が浅いのに…等不可解な事に悩まれている方も多いでしょう。
しかし塗装は屋根材や外壁材の経年劣化を防ぐ為のメンテナンスであり、雨水の浸入を防いでいる最大の要である防水紙や透湿防水シートを補修・保護している訳ではありません。
つまり経年劣化によりいずれはカバー工法・葺き替え・張替等で内部から補修していかなければなりません。
そんな雨漏れで汚れてしまった天井などの壁紙・床の張り替えや補修などの工事もお任せください!

 

それぞれに合った対応をしましょう

●急に雨漏りが発生した場合
今まで問題なかったのに急に雨水がポタポタと落ちてくる、天井材の上に雨水が溜まっていることが確認できるなどの場合、台風や地震等大きな自然災害により屋根材・外壁材が破損してしまっている可能性があります。
急なことで焦ってしまうと思いますが、実はこのケースが一番構造や内装に対しての被害が軽いことがあります。
自然災害が原因によって雨漏りを起こしてしまった場合は、発生箇所だけでなく、内装補修にも火災保険が適用されますので落ち着いて申請手続きを行いましょう。

●気がついたら雨染みが出来ていた場合

あれ?いつから雨染みができていたのだろう?被害はそれほど見られないけど・・・・・・。
実はこの状態が一番危険な雨漏りのケース。
おそらく外装材が経年劣化したことで、じわじわと雨水が染み込んでいるため、被害が表れる速度は遅いのですが、内装材に到達するまでに構造材・下地材を濡らしているのです。
何度も繰り返していれば目に見えない場所で、カビの発生や構造木材を腐食させてしまう可能性が非常に高くなります。

つまり雨漏りが改善できたとしても、構造材や下地の補修を行ってから、内装の仕上げ補修を行わなければならず施工費用もかかってしまいます。
屋根や外壁のカバー工法は工期も短く費用も抑えられますが、下地の吸水・腐食が著しい場合はカビや湿気で内部が更に傷んでしまいますので、葺き替えや張替等で下地からの改善を検討しましょう。

●ある条件で雨漏りが発見できる場合
いつも発生するわけではないけど風が強い日に限って雨漏りを起こしてしまう等、条件が揃った時に雨漏りを起こすケースもあります。
この場合は外壁や下屋など、日常生活では雨水が当たりにくい場所が傷んでいると考えられます。

実はこのケースは条件が揃っているにも関わらず雨漏りを起こさない日もある為、発見も補修も一番難しくなります。
また毎回雨漏りを起こすわけではないため、お客様自身も緊急性が低いと考えがちですので、補修を行う頃には下地構造が腐食している可能性も高くなり、結果として内装工事が必要になってしまいます。

もちろん雨漏れ以外でのリフォームも行っていますので、お気軽にご相談ください。

【電話】代表直通:080-1584-5349 事務所:059-336-5596
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:30~17:00 (日曜定休)
【対応エリア】四日市市を中心に東海三県

一覧ページに戻る