塗装工事

“防水屋が考えるメンテナンス重視の塗装工事”

塗装と聞くと、まず「美観を良くするもの」と思われる方が多いのではないでしょうか?
もちろん建物を塗り替えることで見た目が美しくなり、美観が整うという部分では間違いではありません。
しかし、その本来の目的は「建物の劣化を防いで、耐久性を高めること」。
塗装によって、紫外線や雨風などの汚れから外壁や屋根を守り、劣化を防いでくれるのです。

またキズやびひが入ったまま放置し続けると、塗膜が劣化し、内部に水が浸入しやすくなります。
そのように、塗装には防水の効果もありますので、長年塗り替えをしていないという方は、お気軽にご相談ください。

■ 外壁塗装

外壁塗装は、より快適な暮らしを送るためにも欠かせない工事。
塗膜でサイディングやモルタル、鉄部、木板といった外壁材をコーティングしていくことで、建物を雨風や紫外線から守ります。

一般的に言われている塗り替え工事の目安は約10年。
塗り替えをせずに劣化したまま、そのまま放置すると、ひび割れやコケが発生し、防水性が低下。
気付いたときには、大規模な工事が必要なんて場合もあります。そうなる前に定期的なメンテナンスをしましょう。
屋根塗装も行っていますので、ぜひ一緒にご依頼ください。

 

■ 外壁塗装をおこなうべき劣化のサイン

【1.外壁の色あせ】
外壁塗膜に劣化が見られなくとも、外壁が当初より色あせをしている場合は、塗り替えを検討したほうがよいでしょう。外壁の色あせは塗膜劣化が始まっている証拠でもあります。

【2.チョーキング】
外壁を触った時に、白い粉が手についたことがないでしょうか?
実はこのことを「チョーキング現象」といいます。これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるものなのです。

【3.塗膜の膨れ・剥離】
外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?
実はこれも外壁塗膜の劣化が原因で、塗膜の膨れ・剥離を放置しておくことで、外壁内部へ雨水が浸入しひび割れ等を引き起こす恐れがあります。

【4.クラック(ひび割れ)】
外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。
クラックの幅が0.3mm以下のものをヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックと言い、構造クラックがある場合には、早急なメンテナンスが必要となります。

【5.シーリング材の塗膜剥がれ・割れ】
サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ回りなど、シーリング部分が劣化し亀裂が生じていることがあります。
シーリング材が劣化している場合は、「増し打ち」や「打ち替え」をおこない、目地部分からの雨水の浸入を防ぐ必要があります。

【電話】代表直通:080-1584-5349 事務所:059-336-5596
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】9:30~17:00 (日曜定休)
【対応エリア】四日市市を中心に東海三県

一覧ページに戻る