四日市市ハイツG屋上防水改修工事

既設防水層はアスファルト防水でした。

劣化が進んでいましたので、やり替えのタイミングでした。

住民が生活してる為速やかな完工が望まれます。

よってコスト削減と工事中の漏水を防ぐ為、既設防水層は撤去せず新たな防水層を被せる工法に致しました。

既設防水層を高圧洗浄後、絶縁シート(通気シート)を貼り、新設の防水層と絶縁させます。

通気緩衝工法

ウレタン塗膜防水材を塗布します。

トップコート(防水保護材)を塗布して完成です。

ぜひ城建へご相談ください。


一覧ページに戻る